監査でよくある指摘事項 平成28年 新潟県

「介護保険事業所の監査・実地指導前のアドバイス事業」を ¥10,000で出品中です!
http://www.lancers.jp/menu/detail/59253

興味のある方は、ご覧ください。

本日は、新潟県における集団指導の資料を紐解いていきましょう。
本日は、通所介護の実地指導における主な留意点についてです。


○通所介護
❶他の事業所と兼務している従業者の勤務実態が明確に確認できるように、事業所ごとに勤務時間を明確にした勤務表の作成を行うなど、勤務管理に係る必要な措置を講じてください。
(原因:職員不足時に併設事業所の介護職員が応援に来ていたが、その勤務実態が不明確だった。)

少しだけしか勤務していないから、辞令は発出しないと言う事業所は多いように思います。
この場合は、文書指導などで済む場合が多いですが、
極端な話ですが、応援で来ていて、兼務辞令が発出されていない事例が多い場合は、人員基準を満たしていないと言う事で、減算となる場合がありますので、十分に注意してください。

本日は、ここまでです。

↓もしよければ、木戸銭と思って、広告クリックをお願いします。

この記事へのコメント