監査でよくある指摘事項 平成28年 新潟県

「介護保険事業所の監査・実地指導前のアドバイス事業」を ¥10,000で出品中です!
http://www.lancers.jp/menu/detail/59253

興味のある方は、ご覧ください。

本日は、新潟県における集団指導の資料を紐解いていきましょう。
本日は、訪問介護の実地指導における主な留意点についてです。




○訪問介護
❶重要事項説明書の「苦情申し立て窓口」について、事業所の連絡先のほかに国民健康保険連合会及び、利用者の保険者である市町村の連絡先も記載してください。
(原因:基準省令で求められる苦情相談窓口の記載もれがあった。)
(説明:苦情窓口には①事業所の相談窓口②国民健康保険連合会③保険者である市町村を記載しなくてはなりません。)

これも、どこの自治体でも指摘されている事項ですね。
きちんと抜け漏れがないようにしておきたいものですね。

ちなみに、保険者や国民健康保険連合会に苦情が入りますと、どうなるか気になりませんか?
一番軽微なのが、電話での確認で済みます。
虐待と疑われるような事案の場合は、事業所にアポイントを取ってから、自治体の職員さんが訪問され、聞き取りだけ行われます。(実際に虐待が行われていたという経験はありませんので、わかりません。)
一番重いのが、事前通告なしで、監査となります。

何れにしても、苦情は日頃から出ないように努力と、適切な措置を講ずる音が重要ですね。

今日は、ここまでです。

↓もしよければ、木戸銭と思って、広告クリックをお願いします。


この記事へのコメント